男性

高血圧の改善方法|普段のちょっとしたことに気をつける

食事療法で進行を遅らせる

和食

腎臓病には食事療法が良いといわれています。この食事療法により、腎臓病の進行を遅らせることができ、体調を良好に保つことができます。もちろん透析導入が必要になる場合もありますが、遅らせることが可能です。では、腎臓病の食事療法での注意点を調べていきましょう。基本的に医師と相談しながら行ないますが、最も重要なことは、タンパク質を摂り過ぎないように心がけることです。タンパク質をとると、腎臓からしか排出されないクレアチニンが多くなるため、身体に大きな負担がかかります。タンパク質は主に魚や肉、米やパンに含まれています。これらは、日本人の主食にあたるため、1日の摂取量を超えないように注意が必要になるのです。そして、タンパク質が体内で有効に活用されるものを摂る必要があり、それはエネルギーです。タンパク質がなく、エネルギーが多い食材は砂糖やデンプン、油類になります。しかし、これらからイメージ出来るのはお菓子になりますが、タンパク質が多く含まれているものが多いため控えましょう。では、何が良いかというとサラダ油やマヨネーズ、ドレッシングが最適です。あと、腎臓病の食事療法では食塩を控えるようにしましょう。体内でナトリウムの排出が弱まっているため、身体に負担がかかるでしょう。また、腎臓病の症状によっては水分の制限が必要になります。これは細かい計算が必要で料理の水分も考えなくてはなりません。余計な水分は血流に影響があるのです。